初めて外壁塗装を行う人へその見積りや手順などを詳しく丁寧に解説します

外壁塗装の見積りをする築年数の目安

今まで、一戸建てのマイホームのメンテナンスとして、外壁塗装工事を業者に依頼したことがない方は、どのような時期に外壁塗装の見積りをしてもらったら良いのか、目安が分からないという方もいるのではないでしょうか。外壁の素材にもよりますが、一般的には外壁塗装の目安として、まずは10年前後を考えると良いでしょう。また、見積りを取る場合には、一つの業者に依頼するのではなく、2~3社くらいに見積りしてもらうと、比較検討する材料ができます。良心的な業者であれば、そろそろ外壁塗装をおこなう時期なのか、それともまだ数年は持つのかなどのアドバイスもしてくれます。見積りを依頼する方としては、近所で業者の評判なども調べたり、内容についても多少は調べてみると良いでしょう。

サイディングに見られる外壁塗装の目安

人によっては、外壁塗装とはただ単に外観をきれいに見せるためだけのものと考えていることもあるようです。しかし、外壁塗装は決して外観だけのためにおこなうのではなく、家全体をいつまでも快適に保つためにおこなうといっても過言ではありません。たとえば、劣化が進んでいたのに気づかず、外壁塗装をおこなわなかったばかりに、いつの間にか雨漏りが生じていて、内部の柱などが傷んでしまうということも考えられます。そこで、外壁塗装を考える場合には、サイディングを指でこすったときに、白いチョークの粉のようなものがついてこないかを一つの目安にします。そして、外壁にひび割れが生じたり、コケやカビが生えたりしていないかも、塗装工事をおこなった方が良いのかどうかの目安となるのです。

素材による築年数と外壁塗装の関連性

外壁を作り出しているサイディングにも、さまざま素材があります。そして、その素材によって劣化の進み具合も違ってきます。一般的に一戸建て住宅に現在多く使われている窯業系サイディングは、安価で、軽く、バリエーションに富んでいるのですが、素材を構成している成分が、太陽光線や風雨によって劣化しやすい特徴があります。そこで、ガルバリウム鋼板などの金属系のサイディングに比べると、早めに外壁塗装工事のメンテナンスをおこなわなければなりません。けれども、外壁塗装の見積りを取る場合には、飛び込みの営業とすぐに契約をするのではなく、地元で店を構え、長年にわたって塗装工事をおこなっている業者からも見積りを取るほうが安心です。安かろう悪かろうでは、かえって高いものについてしまいます。